新築と中古どちらがお得?|新築と中古どちらがお得?なら盛岡のホットハウス

お問い合わせ

新築と中古どちらがお得?

新築物件と中古物件のどちらの方がお得か、と考えた時、価格の面だけで見ると、当然中古のほうが安い、と思う方が多いでしょう。しかし、必ずしも安ければお得、というわけではないのが、不動産の難しいところです。金銭面だけでなく、立地や利便性、住み心地などを考えて、自分に最適な住まいを見つけましょう。

それぞれのメリット・デメリット

新築

メリット

  • 中古住宅よりも税制面での優遇措置が幅広い(マンション・一戸建て)
  • 分譲業者によるアフターサービスや保証が受けられる(マンション・一戸建て)
  • 住宅寿命は以前よりもだいぶ長くなっている(マンション・一戸建て)

デメリット

  • 建築途中での販売が多く、建物完成後のイメージがつかみづらい(マンション)
  • 実際の眺望、日照、騒音、通風状態などがわかりづらい(マンション)
  • 隣家をどんな人が買うのかで、住み心地が大きく変わることもある(一戸建て)
  • 個人が売主となるケースが大半で、いざというときの保証が十分でないこともある(マンション・一戸建て)
中古

メリット

  • リフォームにお金をかけて、自分の好みどおりの部屋にできることもある(マンション・一戸建て)
  • 実際の眺望、日照、騒音、通風状態などをしっかりと確認できる(マンション・一戸建て)
  • 実際の管理状態や共用施設の稼働状態を確認できる(マンション)
  • 実際に住んでいた人の感想が聞ける…周辺環境、生活の利便性など(マンション・一戸建て)

デメリット

  • ・個人が売主となるケースが大半で、いざというときの保証が十分でないこともある(マンション・一戸建て)
  • 建物の設計図面や書類が揃っていない場合も多い(一戸建て・古いマンション)
  • 住んでいた人によって、同じ築年数でも建物の劣化の程度がさまざま(一戸建て)
  • 建物のデザインが古めかしいこともある(マンション・一戸建て)

安心なのは新築?それとも中古?

新築であれば最新の住宅設備やセキュリティなどが導入されている場合が多いほか、遮音性能、断熱性能、久性能、防火・防災対策、バリアフリー対策など、快適性や安全性をはじめさまざまな面で年々進化がみられます。売主業者による保証などもあり、新築のほうが安心感は高いかもしれません。
ところが、新築の未完成物件のときは現物を見ないで買うことになり、実際にできあがるものがどうなのか、どうしても不安がつきまといます。また、工事の施工ミスや不良があったとき、それが症状として発覚するまでに数年かかることもあります。築5~10年程度経った中古物件をしっかりと調査したうえで選んだほうが安心できるともいえるでしょう。
新築と中古のどちらが安心して購入できるのかは、あなたが何を重視するのかによって異なります。

中古住宅は建物の劣化と残り寿命、耐震性に注意

中古住宅を安く手に入れて大掛かりなリフォームをしても、すぐに建て替えの必要に迫られたのなら高い出費となりかねません。住宅の長寿命化への取り組みが本格化したのはまだ最近のことで、以前にはマンションが30年、木造一戸建てが15年~20年の寿命とされていた頃もあります。そして、その時期に建てられた「短寿命住宅」が現在の中古住宅としてそのまま売られているケースもあります。
もちろん個々の住宅の寿命はそれぞれの条件によって異なりますし、売主が「これまでにどのようなメンテナンスをしてきたのか」によっても大きく違ってきます。建物の劣化の程度や建物本体の修繕の状態、住宅設備の交換の必要性など、さまざまな角度からチェックをすることが大切です。
また、中古マンションであれば建物の大規模修繕や耐震改修などの工事に多額の費用がかかる場合もあります。過去の修繕履歴やこれからの計画、それに備えた積み立てが十分かどうかなど、事前に確認するべき事項は少なくありません。
いかがでしょうか?「新築」と「中古」あなたならどちらを選びますか?

あなたの街のプロにご相談ください!

よくある質問

ホットハウス 会社概要

TOP