境界トラブルの事例から学べる注意点とは?その対策方法も紹介します! | 盛岡、岩手周辺の不動産をお探しなら株式会社ホットハウス 盛岡支店にお任せ下さい。

岩手県で不動産・土地マンションをお探しなら盛岡のホットハウス

営業時間9:20~17:40定休日日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

境界トラブルの事例から学べる注意点とは?その対策方法も紹介します!

物件や土地を売る際、隣接する土地との境界がはっきりしないまま、手続きを進めるとトラブルに発展する可能性があります。
ただ、境界トラブルは原因の解明や対策が困難であるため、疑問が多いのもまた事実でしょう。
今回は、境界トラブルの事例とその対策について紹介します。

 

□多種多様!境界トラブルの事例をご紹介!

1番頻繁に見られる境界トラブルが、境界標を破壊または撤去したり、移動したりしてしまうことです。
実際に、物件の取り壊しと同時に撤去したり、そうして失われた境界標が雑に復元されていたり、様々な事例があります。
境界標が無くなる恐れがあると判断した場合は、隣接地の所有者や工事発注者に注意喚起を徹底しましょう。

現在の所有状況と相反する境界線が正式な境界だと、トラブルの原因になることがあります。
実際には、かつて口約束で合意した敷地範囲の取り決めがそのままになっていたり、登記手続き無しで敷地を交換していたりする事例が見られます。

しかし、正式な手続きを踏んでいないと、売買や相続のときに新規所有者にはそれらの変更が受け継がれないので、トラブルの原因になることがあります。
境界線の近くに、所有物が設置されていると、トラブルの原因になる恐れがあるので注意しましょう。

実際には、「物件自体が境界線付近にある」、「排水管・室外機などの設備、庭木などが境界線上に存在する」といった事例があります。
物件の取り壊し、売却、相続の際、これらが適切に維持・管理されないことでトラブルの発端になる可能性があります。

 

□境界トラブルを解決するための有効な方法とは?

通常、境界トラブルの解決には、隣接地所有者とのコミュニケーションが大切ですが、具体的に何を話し合えば良いのか分からないという方はいるでしょう。
トラブル解決のための手段や手順に関して、いくつかポイントを挙げて説明します。

最初に、隣接地の所有権者を明確にしましょう。
筆界確認書という、隣地との境界線について合意したときにつくる文書は、土地の所有者間で交わされます。
そのため、土地の所有権者が誰か正確に把握することでトラブルを防止できます。

次に、境界標と地積測量図を確認しましょう。
地積測量図は土地の形や大きさ、境界線の場所などが明記された図面ですが、実際に図面と同じ位置に境界標が無ければ、境界を確認できません。
境界立ち合いの時に相手を納得させるために、境界標に問題がある場合は、事前に専門家と相談しておきましょう。

話し合いを重ねて最終的に境界が定まれば、2つの筆界確認書にそれぞれの土地の所有者がサインして、問題が解決されます。

 

□まとめ

土地を相続・売却するときに調査してみると、境界に関する問題があると判明し、トラブルに発展することは珍しくありません。
そのため土地の売却や相続を考えている方は、できるだけ早く問題の有無を確認し、問題があれば早急に対処するのがおすすめです。
今回紹介した、対処法をぜひ参考にしていただければ幸いです。

投稿日:2022/01/28   投稿者:-