相続した土地を売却する際にかかる税金をご紹介! | 盛岡、岩手周辺の不動産をお探しなら株式会社ホットハウス 盛岡支店にお任せ下さい。

岩手県で不動産・土地マンションをお探しなら盛岡のホットハウス

営業時間9:20~17:40定休日日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

相続した土地を売却する際にかかる税金をご紹介!

「相続した土地を売却したら、どのような税金がかかるか知りたい」
「賢い節税方法はないのかな」
このようにお考えの方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、相続した土地の売却にかかる税金についてと節税方法についてご紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

 

□相続した土地の売却にかかる税金について

相続した土地を売却する場合、どのような税金がかかるのでしょうか。
ここでは、相続した土地の売却にかかる税金をご紹介します。

まず、印紙税です。
土地に限りませんが、全ての売買契約にかかります。
納税の印として契約書に印紙を貼り付けます。

1万円以下の取引であれば印紙税はかかりませんが、土地の売買が1万円以下である可能性は低いので、かかるものと捉えておくと良いでしょう。
印紙税は、売却価格によって異なりますので、確認しておくことをおすすめします。

次に、登録免許税です。
こちらは売主が負担することはありませんが、住所変更登記と、抵当権抹消登記に発生する可能性があります。
一つの不動産に1000円かかります。

最後に、譲渡所得税です。
土地を売却した際に得られる利益にかかる、所得税と住民税のことを、譲渡所得税と言います。
こちらは、所有期間5年を境に税率が異なりますので、売却前に所有期間を確認することをおすすめします。

 

□節税方法について

どうしてもかかってしまう税金を抑えたいと思われる方も多いでしょう。
ここからは、節税方法をご紹介します。

1つ目は、取得費加算の特例です。
相続税を取得費に加算できるので、譲渡所得を抑えられます。

2つ目は、相続空き家の3000万円特別控除です。
一定の要件を満たすことで、譲渡所得から3000万円を控除できます。

以上の2つは、3年以内に売却した場合に利用できます。

なお、期限に関わらず利用できる節税方法もあります。
・取得費が分かる資料を探す
・譲渡費用をもれなく計上する
・ふるさと納税を利用する
・平成21年及び平成22年に取得した土地の1000万円特別控除
・低未利用土地等の100万円特別控除

これらの期限はありませんので、活用してみると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、相続した土地の売却にかかる税金と節税方法についてご紹介しました。
土地を売却した場合、印紙税、登録免許税、譲渡所得税の3つの税金が生じます。
これらを抑えたい場合は、この記事でご紹介した節税方法を試してみることをおすすめします。
何か疑問点やご質問等がございましたらお気軽にお問合せください。

投稿日:2022/09/28   投稿者:-