空き家をお持ちの方へ!類焼損害補償特約について解説します | 盛岡、岩手周辺の不動産をお探しなら株式会社ホットハウス 盛岡支店にお任せ下さい。

岩手県で不動産・土地マンションをお探しなら盛岡のホットハウス

営業時間9:20~17:40定休日日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

空き家をお持ちの方へ!類焼損害補償特約について解説します

「空き家で火災が起こってしまったら、どのようなリスクがあるのだろう」
「空き家で火災が起こっても補償できる特約を知りたい」
このようにお考えの方も多いでしょう。
そこで今回は、空き家で火災が生じたときのリスクと類焼損害補償特約についてご紹介します。

 

□空き家で火災が生じたときのリスク

空き家の火災では、どのようなリスクが考えられるのでしょうか。
ここでは空き家で火災が生じたときのリスクについてご紹介します。

まず、隣家に燃え移るリスクです。
空き家が火の元であれば、隣家に燃え移ってしまう恐れがあります。
発見がどうしても遅れてしまうので、大きな火事になることもあるでしょう。

次に、火災後の解体費です。
火災で焼けてしまった空き家を放置したままにしておくと、崩れる危険や、焦げ臭い臭いがする恐れがあります。
近隣の方に迷惑をかけてしまうことも考えられますので、解体費を準備する必要があります。

最後に、固定資産税が増えることです。
空き家を所有している場合、土地や家屋を所有しているだけでも固定資産税は課せられます。
住宅用地は固定資産税の減免制度があるので、空き家の場合は税金が減額されます。
しかし火災によって建物を解体した場合、固定資産税が増える可能性があります。

 

□類焼損害補償特約について

空き家の火災が生じた場合、前章のようなリスクがあります。
火災はいつ起きてもおかしくないことですから、とても怖いですよね。

このような損害が生じた場合、その被害を受けた方に対して保険金を支払う特約が、「類焼損害補償特約」です。
被害を受けた方に直接保険金が渡されるというものです。

ただし、必ずこの特約で補償を行えるというわけではありません。
相手が火災保険に加入している場合は、基本的には相手側の保険金によって補償が行われます。
相手側の火災保険で補償し切れなかった損害分を、類焼損害補償特約で補償できます。

相手が火災保険に加入していない場合や、加入していても保険金が少ない場合は、相手側の負担も重くなってしまいますよね。
そのような場合に、この類焼損害補償特約があれば、非常に助かります。

 

□まとめ

今回は、空き家で火災が生じたときのリスクと類焼損害補償特約についてご紹介しました。
空き家の火災によって、多くのリスクが生じる可能性があることをご理解していただけたと思います。
類焼損害補償特約は非常に役に立つかもしれませんので、検討することをおすすめします。

投稿日:2022/10/12   投稿者:-