相続の代襲相続人はどこまで続く?気になる原因も解説! | 盛岡、岩手周辺の不動産をお探しなら株式会社ホットハウス 盛岡支店にお任せ下さい。

岩手県で不動産・土地マンションをお探しなら盛岡のホットハウス

営業時間9:20~17:40定休日日曜日、祝日、GW、お盆、年末年始

相続の代襲相続人はどこまで続く?気になる原因も解説!

「代襲相続はどのような場合に起こるのだろう」
このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、代襲相続が発生する原因とそれが続く範囲について解説します。
ぜひ参考にしてください。

 

□相続に関する代襲相続が発生する原因とは?

まず、代襲相続が発生する原因についてご紹介します。

 

*相続前に相続人が亡くなっている

最近では、親より先に子どもが亡くなるケースも少なくありません。
代襲相続は被相続人の孫や直系卑属、直系尊属がすでに亡くなっている場合は甥や姪に発生します。

 

*相続廃除された人がいる

相続廃除は被相続人が勝手に決められるものではありません。
相続廃除が認められる条件は以下の通りです。

・虐待をした
・侮辱を加えた
・被相続人の財産を浪費した

万が一、これらの理由で被相続人の子どもが相続廃除になると代襲相続人は被相続人の孫になります。

 

□代襲相続が続く範囲はどこまで?

ここでは、代襲相続が続く範囲をご紹介します。

1つ目は、子どもや孫の直系卑属が相続人の場合です。
被相続人の子どもが亡くなっている場合は孫が相続人になり、その孫が亡くなっている場合はひ孫が相続人になります。
このように、被相続人の直系卑属で相続が発生する場合は、直系卑属がいる限り続きます。

2つ目は、兄弟や姉妹が相続人の場合です。
被相続人の兄弟姉妹が相続人のはずが、すでに生存していない場合は、その子どもまでが代襲相続人です。
つまり、被相続人の甥や姪が亡くなっていた場合、甥や姪の子どもは代襲相続人になりません。

3つ目は、被相続人が養子縁組をしていた場合です。
被相続人が養子縁組をしていると少し複雑です。

養子がすでに亡くなっていた場合の代襲相続は、その養子の子どもがいつ産まれたのかによって異なります。
養子縁組になる前に養子の子どもが生まれている場合は、養親との血縁関係がないので、代襲相続は発生しません。
しかし、養子縁組になった後に養子の子どもが産まれている場合は養親との血縁関係が作られるので代襲相続が発生します。

以上のように、被相続人の子どもが相続する場合とそれ以外の人が相続する場合では代襲相続が発生する範囲が変わるので、よく確認しておきましょう。

 

□まとめ

今回は、代襲相続が発生する原因とそれが続く範囲について解説しました。
もともと相続するはずの人が亡くなっていた場合、代襲相続人も変わるため、気をつける必要があります。
複雑な構造を持つ代襲相続について気になる点がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

投稿日:2022/12/02   投稿者:-